階段をDIY|リフォーム方法やインテリア術、庭やロフト階段も

理想の家づくりをする中で、見逃されがちになってしまう「階段」。そんな階段もディスプレイやデコレーションなど見せ方に凝ってみたり、DIYやリフォームをすることでグッとオシャレな空間に仕上げることができるんです。今回はその実例をいくつかご紹介します。

階段だってDIYでお洒落インテリアに

ウォールステッカーやリメイクシートでデコ

シンプルに数字のステッカーを貼るだけでもオリジナル感が増します。数字の他にも、アルファベットや動物モチーフのステッカーをポイント使いしているアイデアも多くあります。

階段側面の全体をステッカーでアレンジすると、ただ登るためだけの階段ではなく、インテリアの中で大きな存在感を放つスペースになります。

ステッカーやリメイクシートの他にも、ウォールペーパーを階段リメイクに使ったという方も。
一段ずつ模様が違いますが、色彩がモノトーンで統一されているので、スッキリとオシャレな印象になります。

こちらは階段の側面すべてではなく、飛ばし飛ばしに色を変えデコレーションを施した例です。余白を活かした壁のディスプレイも、お部屋の雰囲気とぴったり合わさってステキですよね。

観葉植物を飾る

手のこんだ作業が苦手という方には、階段のところどころに観葉植物を飾るのもオススメです。同じ鉢でまとめて統一感を出したり、階段以外にも同じ鉢を置いてつながりを意識するなどの工夫をしてみてください。

階段の段板が狭かったり余裕がない場合は、階段の上や下にまとめて観葉植物を並べるのはいかがでしょうか。壁に飾られたフォトフレームやアンティーク調のランプとの相性も抜群です。

グリーンと一緒に、小さなフィギュアやマスコットを並べてストーリーを感じさせるディスプレイにするのもユニークです。
普段、何気なく通りすぎる階段もほっこり気分になれそうです。

庭や玄関口など外に階段のある家も、観葉植物を飾ることで温かみの感じられる空間を演出することができます。無機質なカッパーの鉢に、生きたグリーンを飾るギャップが面白いですよね。

雑貨をディスプレイ

階段のコーナー部分にテーブルやバスケットを使ったディスプレイをしたアイデアは、どこか旅先を思い出させるようなノスタルジックな雰囲気があります。

階段側面のレンガ模様やアンティークプレートのガレージっぽさと、壁面のホワイトがナチュラルにマッチした、清潔感あふれる階段スペース。ウォールデコレーションもアートっぽさが漂います。

時計とカレンダーとサボテンをシンプルに並べただけですが、アイテムのチョイスやサイズ感、色彩バランスが絶妙でセンスを感じさせるディスプレイです。

段のリフォームDIY:素材別で紹介

木材

ュートで遊びゴコロあふれるこちらの階段。もともと薄茶色だった側面に、白く塗ったベニヤを貼ったという力作DIYだそうです。

しっかりした木材を使ってのリフォームは、ステッカーやリメイクシートより手間はかかりますが、本格的な仕上がりになります。

コルク

滑りにくく足元に優しいコルク素材は、小さなお子さんやお年寄りのいるご家庭にオススメです。冬の階段の冷たさを軽減してくれるのも嬉しいポイントです。

クッションフロア

衝撃をやわらげ、防水効果もあり掃除もしやすいクッションフロアもリフォームの素材として人気です。シートをカットするのがなかなか大変な作業なので、DIYをする際には手元に気をつけましょう。

フローリング

床がフローリングの場合、インテリアに統一感を出すならフローリングが断然オススメです。階段段板のみフローリングにしたり、側面もまるごとフローリングにしたりと、使う場所によって表情も異なります。

コツ・ポイント

階段は建物の一部で、備え付けられたそのままで使う、というイメージがあるかもしれませんが、デコレーションやディスプレイで雰囲気もずいぶん変わりますし、滑りにくい素材や防音効果のある素材に変えるというリフォーム方法では、住む人の暮らしをより快適なものにしてくれます。イチから作る場合には強度や安全面をよく確認して、階段のDIYを楽しんでみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です